半々の可能性

外為取引ビギナーがマーケットの肝心なところを見つけるには第一に取引経験を積み上げる事が大切です。

 

特に、先に危機を回避できるようにするようになるにはポカを積み上げることも重要です。

 

ただし、負けたといっても再起できないほど決定的な負けをする事は出来ません。

 

小さい過ちを何度も経験することが結果として自らの経験値を高めてくれるはずだ。

 

こう考えるとまずはわずかな額で取引を行い、それによって幾度かちょっとした損をすることが必要です。

 

100万円しか投資する余裕が無い場合、いきなり100万円を少しも残さないで投入して売買すると、損した時、その後立ち上がれなくなってしまう恐れがあります。

 

そうであるならば、たとえば1割ずつ分割して売り買いしてそれによって売買を経験した方が少しずつミスを補う方策なども習得するはずです。

 

まずはじめにわずかなお金でエントリーする事の有益なところは先ほど書いたように、己の体験を増やし、損を避ける手法を習得していく事にありますがそれと同時に、トレードの回数を多くして危険を削減できるという長所もあります。

 

仮に、1度限りの取引で利益を上げられる可能性が二分の一だとします。

 

この条件では、同じく50%の確率で損失を生む危険性もあります。

 

勝率50%ということは半々の可能性でプラスになる事を言い表しています。

 

しかし、全ての投資資金を投資して1回だけの売買をするということははっきりとした勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。

 

これはたんに1度の賭け事と同じです。

 

言い換えれば、全てを賭けて1回のみしか取引をしないと損が生じる可能性が高くなってしまいます。

 

だから、投資するお金を1度に全部投資するのではなく、何回もに分けて、機会を積む事がリスク管理となります。

 

少しずつに分割しても全部にプラスにする必要はない。

 

と言うよりは、勝利する事が出来ないのが現実です。

 

売買で必要なのは勝利回数ではなく、どのくらい利益を出すかです。

 

勝半5割でもまた3割でも儲かる時は儲かる。

 

負ける確率が高くてもマイナスがわずかであれば少ない勝利のプラスの大きさだけで相当儲ける事が出来ます。

 

そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

損益が出たら即損切り注文して、稼げる場合は可能な限り大きく儲けることが外国為替証拠金取引ビギナーが為替でプラスになるための方法です。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 半々の可能性
  2. 踏み倒すなんて
  3. テスト